お知らせ

現代のお墓選びの相談会-7月開催日程のお知らせ

相談会
お墓選びに関する疑問を解消します

このような想いやお悩みをお持ちの方は是非ご相談ください。

○今どきのお墓事情が知りたい
○今のお墓ってどんな種類があるの?
○子どもに負担をかけないお墓づくりとは?
○お墓にかかる費用が知りたい
○お墓の費用(管理費)が心配
〇自分のお墓を守る人がいなくなったらお墓はどうなるの?

実際にあったケースをご紹介しながら、解決方法をご提案いたします。

相談会開催日時

お客様のご都合の合う日時をご指定ください。
※休園日(毎週水曜日・毎月第1火曜日)を除く
ご予約可能時間:午前10時、午後1時、午後3時(その他の時間をご希望の場合には、予約時にご希望を記入してください。)


無料相談会のご予約はこちら

ケーススタディ(お墓の悩みを解決したお客様の事例紹介)

【ケース1】将来の安心のためにお墓を考えているが、子どもがお墓を守ってくれるか分からない

今までお墓がなかったので、そろそろ自分たちの身動きが取れるうちに考えておきたい。この先、子どもがお墓の管理をしてくれるか分からないので、お墓をどうすべきか悩んでいる。できるだけ子どもに負担が掛からないようにしておきたい。

解決方法
子どもに負担が掛からないお墓を選ぶ

子どもなど次の世代にお墓の負担を掛けないお墓として永代供養墓があります。
永代供養墓の場合、お墓の管理者が永代に渡りご供養をしてくれるので、お墓を守っていく承継していく必要がないので、将来安心です。
ですが、実際には息子さんの代になった時には、息子さん自身のお墓を自分で用意しなければならず、完全にお墓の負担が掛からないわけではないのです。

そこで、お墓を守っていくか、管理をお任せするか選択できるお墓づくりをご提案します。
それは、『永代管理(えいたいかんり)』というプランです。事前に永代管理費を納めておくことにより、いつでもロイヤルガーデン長野に管理とご供養をお任せできる安心のプランです。
墓石を建立し、年会費を納めている間は永代に渡りご家族でお守りすることができ、年会費が負担になったタイミングで、年会費の支払いを止めロイヤルガーデン長野に管理をお任せするプランに切り替えることができるのです。

つまり、お墓を守っていくか、ロイヤルガーデン長野にお墓の管理をお任せするか、選択できるので、本当の意味で次の世代に負担が掛からないお墓づくりとなります。

一般墓ついて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください


一般墓の区画の詳細はこちら

ご事情やお考えを良くお聴きして、ご家族に負担の少ない先々まで安心のお墓選びをご提案いたします。


プロのアドバイザーに相談する
【ケース2】独身の娘はいるがお墓のことを娘に託すわけにはいかない(管理などの負担はかけたくない)

自分たちのお墓を考えているが、娘にお墓のことで負担をかけるわけにはいかない。
娘が将来どうなるかは分からないが、お墓の心配はないようにしておきたい。

解決方法
ご夫婦2人と娘さんが入れる永代供養墓を選ぶ

ロイヤルガーデン長野には3人が入れる永代供養墓があります。プレートタイプの3人まで用、コンパクトな墓碑が建立できる4人まで用から選べます。
それぞれ最後のご納骨から10年後には合同供養塔へご遺骨を埋葬します。その後も毎年営まれる合同供養祭により、永代に渡りご供養いたしますので安心です。また、最終ご納骨後は年会費の支払いも必要なくなりますので費用の負担が掛かることはありません。

永代供養墓ついて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください


永代供養墓の区画の詳細はこちら
将来の選択肢がもてるよう一般墓に永代管理プランを付ける

一般墓は、年会費を納めている間はずっと代々守ることができるお墓です。 ですが、万が一守っていけなくなった場合に、建立したお墓が無縁墓になってしまう心配があります。そのため、『永代管理(えいたいかんり)』というプランを一緒に申し込むことで無縁墓になる心配がなくなります。 事前に永代管理費を納めておくことにより、いつでもロイヤルガーデン長野に管理とご供養をお任せできる安心のプランです。 墓石を建立し、年会費を納めている間は永代に渡りご家族でお守りすることができ、年会費が負担になったタイミングで、年会費の支払いを止めロイヤルガーデン長野に管理をお任せするプランに切り替えることができるのです。

一般墓ついて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください


一般墓の区画の詳細はこちら

ご事情やお考えを良くお聴きして、ご家族に負担の少ない先々まで安心のお墓選びをご提案いたします。


プロのアドバイザーに相談する
【ケース3】夫方、妻方の両家のお墓を守らなければいけないが、どうしたら良いか?

夫の実家のお墓は山の中にあり、お参りしにくい場所にある。妻の実家も跡継ぎがいないためお墓を管理しなくてはならない。2つのお墓を守っていくのは子どもたちの負担になるため、自分たちの代で何とかしたい。

解決方法
妻方のお墓を墓じまいして、ご先祖様のご遺骨を合同供養塔(合祀墓)へ改葬し、永代に渡りご供養をする
そして、夫方のお墓をお参りしやすい場所へ改葬(引越し)する
夫方、妻方のお墓を両家墓として、新たに1つのお墓を建立する
それぞれのお墓を墓じまいして、ご先祖様を一つのお墓に改葬(引越し)する

近年、お墓を守っていく承継者がいなくなってしまうことで、今あるお墓を何とかしなければいけないという悩みが増えております。
守っていくことができなくなったお墓は、墓じまいして永代供養をお願いする必要があります。菩提寺のお寺様に永代供養をお願いするか、ロイヤルガーデン長野のような永代供養をお任せできる霊園に改葬することが、将来の安心に繋がります。

また、一つのお墓で両家をご供養することも良い方法です。
お墓をお守りするお家の方の考え方次第ですので、最良の方法をお選びくださいませ。

どちらの方法にも、先々次の世代に負担が掛からないように、ゆくゆくロイヤルガーデン長野に管理とご供養を全てお任せする永代管理プランを付けることも可能です。

一般墓ついて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください


一般墓の区画の詳細はこちら

ご事情やお考えを良くお聴きして、ご家族に負担の少ない先々まで安心のお墓選びをご提案いたします。


プロのアドバイザーに相談する

お墓の引越(改葬)はこちら

無料相談会のご予約はこちら

お墓づくりが初めての方、
今あるお墓の引越(改葬)を
ご検討の方も
ロイヤルガーデン長野
へお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合せ

026-291-0870
午前10時~午後4時
毎週水曜日・毎月第1火曜日休園

よくあるご質問

一覧を見る
TOP